専修寺せんじゅじ

住所

栃木県真岡市高田1482


交通アクセス

●JR水戸線下館駅より
タクシーで約30分
●真岡鉄道寺内駅より
タクシーで約20分
●北関東自動車道真岡ICより
車で約25分
●桜川築西ICより
車で約25分

駐車場

有り (30台駐車可)

由緒

高田派本山専修寺の旧地であり、高田派では本寺とも呼ばれています。聖人がこの地を訪れた際、一人の童士が現れ寺院建立の聖地であると勧めたことから、真岡城主などの協力を得て寺を建立したという言い伝えがあります。

現在寺域は国の史跡となっています。境内のほぼ中央にある「御影堂」には栃木県指定重文である「親鸞聖人等身御影」を正面にし、両脇壇にはともに国の重文である「真仏上人坐像」と「顕智上人坐像」 を安置しています。また、本堂の「如来堂」には聖人が長野の善光寺から迎えたと言われる「本尊一光三尊佛」が安置されています。そのほか重要文化財に指定される木造金箔塗りの3mにおよぶ大涅槃像は日本一とも言われる大作で、他所では見ることができない逸品です。

境内南隅には御廟があり、親鸞聖人の痕跡が多く残る貴重な場所として知られています。

お問い合わせ先

TEL 0285-75-0103 FAX 0285-75-0163

トップページへ戻る