大山の草庵跡おおやまのそうあんあと

住所

茨城県東茨城郡桂村阿波山


交通アクセス

●車で
常磐自動車道那珂ICより約16km

由緒

越後から常陸に入られた後、親鸞聖人が布教の中心とされた地と言われています。

当時、大山には法然上人の門下であった行観上人が開いたといわれる阿弥陀寺がありました。親鸞聖人は1216(建保元)年、師のゆかりの寺を頼ってこの地にこられ、その境内に草庵を結びました。

阿弥陀寺は江戸時代の寺院整理により廃寺となり、現在は大山草庵跡を示す石碑が阿波山上神社の参道途中に立てられています。

トップページへ戻る