小島の草庵跡おじまのそうあんあと

住所

茨城県下妻市小島

交通アクセス

●車で
関東鉄道常総線下妻駅から約10分

駐車場

有り
 善光寺第1駐車場(境内北西):一般乗用車専用、24時間駐車可能
 善光寺第2駐車場(境内西):宿坊関係専用(※宿坊ご利用者のみ駐車可能)
 善光寺第3駐車場(境内北東):一般乗用車専用、24時間駐車可能
 善光寺第4駐車場(境内西):団体バス優先、24時間駐車可能

由緒

小島郡司武弘が聖人を慕い、この地に草庵をもうけて迎えたと伝わり、聖人はここに3年間滞在したあと稲田へ移ったといいます。小島の地は門弟蓮位に託され、後に草庵は蓮位、またはその子孫によって「三月寺」になったと伝わります。

草庵跡にある大銀杏は、聖人を慕い稲田に向けて枝を伸ばしていることから「稲田恋しの大銀杏」と呼ばれ、その下には「四体仏」と呼ばれる4基の五輪塔が並んでいます。

トップページへ戻る