毫摂寺(真宗出雲路派)ごうしょうじ

住所

福井県越前市清水頭町第2号9番地


交通アクセス

●福鉄バス
武生市役所前(JR武生駅前)より五分市・池田方面行きバスで約20分、五分市本山前で下車して3分

駐車場

有り

由緒

真宗出雲路派本山毫摂寺は、1233(天福元)年親鸞聖人が京都上加茂、下加茂の間の出雲路に一宇を草創され、第五世善幸上人の時代1338(暦応元)年に越前水落の辺り山元の庄(鯖江市神明町)に移転されました。ここに第十一世善秀上人の時代に至るまで在住しましたが、同上人には御法嗣がないので柳原大納言より法嗣を迎え、第十二世善照上人として法灯を継がれました。法灯を継がれた善照上人の時代1596(慶長元)年に、もと太子堂があり先に秀吉公より徐地朱印を頂いていた現在の地、味真野地区清水頭に移転されました。

毫摂寺は、昭憲皇太后のゆかりもあり明治天皇のご料物が多く蔵されています。

お問い合わせ先

TEL 0778-27-1224 FAX 0778-27-2718

トップページへ戻る