佛光寺(真宗佛光寺派)ぶっこうじ

住所

京都市下京区高倉通仏光寺下ル新開町397


交通アクセス

●京都駅から
阪急烏丸駅15番出口より、徒歩5分
●阪急電鉄ご利用の場合
地下鉄四条駅5番出口より、徒歩8分

由緒

佛光寺は、真宗佛光寺派の本山です。

「阿弥陀堂(本堂)」に、ご本尊の阿弥陀如来・聖徳太子像・七高僧の木像を安置し、「御影堂(大師堂)」には、宗祖親鸞聖人の御真影・了源上人の木像を安置しています。

越後流罪に遭われた親鸞聖人が、ご赦免の翌年1212(建暦2)年に京都に帰られた際、山科の地に草庵を結ばれたのが、佛光寺の草創と伝えられています。

 当初、真宗開闢の根本道場を意味して、「興隆正法寺」と号しましたが、7代目中興了源上人の時代、後醍醐天皇より「阿弥陀佛光寺」の寺号を賜りました。

寺基は山科の地から今比叡汁谷(現在の東山区)へ移転し、その後、豊臣秀吉の懇情により現在地に移転しました。

お問い合わせ先

TEL 075-341-3321 FAX 075-341-3120

トップページへ戻る