東本願寺(真宗大谷派)ひがしほんがんじ

住所

京都市下京区烏丸通七条上ル


交通アクセス

●JR「京都駅」より
徒歩7分
●京都市営地下鉄
烏丸線「五条駅」より徒歩5分
●京都市営バス
「烏丸七条」バス停より徒歩1分

由緒

東本願寺は、真宗大谷派の本山で「真宗本廟」といい、「御影堂(ごえいどう)」には宗祖・親鸞聖人の御真影を、「阿弥陀堂」にはご本尊の阿弥陀如来を安置しています。

宗祖親鸞聖人の亡き後、聖人を慕う多くの人々によって建てられた廟堂に始まる本願寺は、本願寺第12代顕如上人のあと、長男の教如上人が跡を継がれましたが、三男の准如上人にあてた譲状にもとづいて、教如上人は隠退して裏方と呼ばれました。関ヶ原の戦後の1602(慶長7)年、徳川家康から烏丸七条に寺地を寄進され、翌年ここに御堂を建立しました。

天明の大火をはじめ江戸時代に四度両堂を類焼するも、法義に篤い全国の門徒の力によって再建を繰り返してきた歴史を持っています。現在の両堂は1895(明治28)年に落成したもので、2011(平成23)年に勤められる親鸞聖人七百五十回御遠忌法要にあわせた特別記念事業として、この両堂がご修復されています。

お問い合わせ先

TEL 075-371-9181(代) FAX 075-371-1214

トップページへ戻る