崇泰院(元大谷)そうたいいん(もとおおたに)

住所

京都市東山区林下町


交通アクセス

●JR京都駅から
市バス206系統 知恩院前下車 徒歩5分
地下鉄東西線(烏丸御池駅乗換え) 東山駅下車 徒歩8分
●阪急電車河原町から
徒歩15分
市バス(四条河原町から)12・46・201・203系統 知恩院前下車 徒歩5分
●京阪電車
祇園四条駅から徒歩10分
三条駅から市バス 12系統 知恩院前下車 徒歩5分

駐車場

参道整備事業のため現在駐車場はご利用いただけません。

由緒

親鸞聖人の末娘である覚信尼が、夫・小野宮禅念より譲り受けた土地を廟堂のための土地として提供し、関東の門弟の協力により遺骨を移して仏閣を建て、聖人の影像を安置した場所が大谷廟堂跡と伝えられる崇泰院です。

それまでは鳥部野の北の大谷の地に建てられていた、透垣を廻らせた笠塔婆風の石塔が聖人の墓であったと伝えられています。覚信尼の時代から約190年の間、浄土真宗の中心として護持されてきましたが、1465(寛政6)年の寛正の法難で破却されてしまいました。この廟堂を守るために「留守職」という管理者を置いたことが本願寺の基礎となっています。

崇泰院は知恩院の山内にあり、現在は本堂裏の玉垣の中に聖人の墓塔が立っています。

また、蓮如上人の誕生の地としても知られています。

お問い合わせ先

TEL 075-561-9046 FAX 075-561-9046 (参詣される場合は事前にFAXにてご連絡ください。)

トップページへ戻る