岡崎別院(親鸞屋敷跡)おかざきべついん(しんらんやしきあと)

住所

京都市左京区岡崎天王町 26


交通アクセス

●京都市営バス
「岡崎神社前」下車

駐車場

有り (事前にお問い合わせください。)

由緒

親鸞聖人はこの地に庵をむすび、ここから吉水の法然上人のもとへ通われたと伝えられています。

現在の別院は1801(享和1)年、東本願寺第20代達如上人の時に堂宇を建立し、御坊としたのが始まりとされています。
境内に残る八角形の池は、親鸞聖人が越後流罪の際に、姿を映して名残を惜しんだものと言い伝えられており、「鏡池」とも「姿見の池」とも言われています。

お問い合わせ先

TEL 075-771-2921 FAX 075-771-2921

トップページへ戻る